無料ブログはココログ

« こんどは大丈夫 | トップページ | 名前にこめる親の期待 »

2007/04/12

女子大生が自殺した

「留年することは分かっています。人生もやめます」

女子大生が自殺した

Googleニュース検索

課題を提出できない理由は何ですか?
能力以上の負荷をかけたのでしょうか?
私は、大学の経験がないのでわかりませんが、やるべきことができなければ先に進めないのはどこでもあることです。
自動車教習所だって「見極め」が無ければ、次の段階に進めなかったと記憶しています。
強圧的指導を理由に教授が解雇されたそうですが、どのような指導なのかは、
「提出が遅れれば、留年させる」とメールで通告していた。くらいしか分かりませんが、メールで、文書で、口頭で(面談)、電話で、・・・方法によって、どのくらいレベルの違いが有り、強圧的指導だったかどうかの判断でしょうけど、今の時代メールくらいは通常の連絡方法でしょう。

教授の事務室に呼び出して怒鳴りつけるなどあったのでしょうか?
ニュースの文面だけで見ると、私は教授が懲戒免職になるほど問題ではないと思います。
ましてや、殺人と同じだとは思わない。

確かに結果として自殺に追い込んだのかもしれない、そうならない方法がなかったのか、自殺させない努力を怠らなかったか、との議論はあるでしょうけれどそんな面倒まで見てやら無いと大学生は勉強しないのですか?何しに大学にいくのですか。

« こんどは大丈夫 | トップページ | 名前にこめる親の期待 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の好きな、中島みゆきできましたね。
ありがとうございます。

大学やめても人間やめちゃいけないんだ。

ですよ!賛成です。

教授と学生の関係を計る物差しとして自分の経験の中にあるのは、上司と部下、先輩と後輩、親と子。
良い先輩に恵まれた出来の悪い後輩でした。
時が経ち、先輩がいなくなり後輩が出来た時に
出来の悪い先輩としてしか後輩に接することが
出来ていない私です。

まだ、先はあるのに荷物を渡して楽になりたい
気持ちです。

メールとかテキストの文章だけでは気持ちは伝わらない。むしろ、冷酷な文章はより冷酷に感じるから。

"教授の事務室に呼び出して怒鳴りつける”くらいの人間付き合いが濃厚だったなら、また違った結果になったかもしれない。

誰もが強いわけじゃなく、弱い人間もいるんだよ。

大学やめても人間やめちゃいけないんだ。

おまえが消えて喜ぶものに おまえのオールを任せるな・・・

留年という大事なことをメールだけですまそうとする、そんな先生にオールを任せたらあかんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10837/14652746

この記事へのトラックバック一覧です: 女子大生が自殺した:

« こんどは大丈夫 | トップページ | 名前にこめる親の期待 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 日記・コラム・つぶやき
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31